肩こりといっても

yoshizakiseitai

 

 

“肩こり”と一言で終わるのも

 

 

単純に腕を上げる動作で

肩以外に使われる筋肉が

これだけある☝🏻

 

 

そこに深筋膜の理屈を加えると

さらにその繋がりは増えるし

 

浅筋膜や皮膚の理屈を

付け加えるとその繋がりは

もっともっと広がる🌟

 

じゃあ、どれをベースに

考えればいいの?

 

 

《全部》なんです💡

 

 

全部をイメージして、かつ

身体の皮膚の層・働きまでも

 

さらに更に+α大切なことも☝🏻

 

 

その辺りも全部含めて

セッションを

 

 

肩を力任せに揉むだけでは

改善されない理由はあります

 

 

たかが“肩こり”

されど“肩こり”

 

 

一言で終わらせるには

あまりにも無理がある🤔

 

yoshizakiseitai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)